AMBI(アンビ)の評判!ジブン分析?キャリア診断って?口コミ徹底調査

アンビ

「AMBI(アンビ)ってどんなサービス?」
「評判・口コミはいいのかな?」
「保有求人数はどのくらい?」
「ジブン分析?キャリア診断って?」

このようなお悩みがあるかと思います。

この記事では、転職サービスである「AMBI(アンビ)」についての評判や口コミ、サービスの紹介をまとめています。

メリット・デメリットについても記事後半で徹底解説していますので、サービスの利用をするかの材料にお役立てください。

それでは早速、「AMBI(アンビ)」の評判と口コミについてみていきましょう。

AMBI(アンビ)
総合評価
( 4 )
メリット
  • 20代30代の若手ハイキャリアのスカウト転職
  • 若手でも年収1,000万円を超える求人がある
  • 大手からスタートアップまでの幅広いハイクラス求人
  • ジブン分析によるキャリアタイプの指向性がわかる
  • 応募前に合格可能性を判定できる機能
デメリット
  • 年収400万円未満の方は利用できない
  • ハイクラス特化のため求人数は少ない

\ 登録無料 /

目次

AMBI(アンビ)の良い評判と口コミまとめ

良い評判と口コミのポイント
  • 質の高い求人で多数のスカウトが送られてくる
  • ハイクラスな求人のスカウトで自己肯定感があがる
  • スカウトも希望に合うレベル感のため納得感がある

実際の良い評判と口コミ


AMBIものすごいスカウト来るな。 これはすごい。おびただしい数の企業から求められている私!という気持ちになる。 すごい。転職に向けて抱いていた不安がじんわりとほどけていく。 ありがとうAMBI。 うっかりPRみたいなpostしてもた。

出典:X

エージェントは3~4社面談したけど私の経歴が荒れてるおかげで全然頼れなかった…。 唯一頼れたのはAMBIって若手向けの転職サイトのエージェントなので参考になれば…。親身になってくださったので退職理由とか職務経歴書のフォーマットとか色々何とかなった…。 すごい感謝してる。

出典:X

そういえば転職時に登録してたAMBIから熱烈なスカウトメール来てたなぁ。全然転職考えてないけど、自分を必要としてるのかなって考えるとモチベーションちょいと上がりますね。しかも新規メディアの立ち上げとかめちゃくちゃ面白そうですしね。あと、転職サイトで言えばGreenとかwantedlyがオススメ。

出典:X

AMBI良いサービスだなぁ。媒体上で自分の合格可能性示してくれるのはすごく助かるし、転職意思ない人で自分が人材マーケットにおいてどういったポジションにいるのか見極める上での簡単な1つの指標がもらえそう。

出典:X


スクロールできます

転職のtの字もやってないけど、アンビとかの方がいいやつ来るな

出典:X

最近転職に本腰入れよかな🤔と思ったから前に登録したまま放置してたAMBI確認しに行ったんだけどぼかぁ知らんうちに結構デカめな会社を蹴ってたらしい

出典:X

AMBIとかビズリーチとか、本当に登録してこんなにすぐにスカウト来るんだ……。 転職活動をまた一から始める必要が出てきそうでぐったりしていたけど、これはちょっと希望の光が見えそうだ……。(なんてCMみたいなpostなんだ)

出典:X

そうなんね…まぁエージェントの対応そんな良いものでも無いよね…。転職はエージェント方式だと難易度も上がるらしいし(企業が高いお金払うから)、合わないならビズリーチとかAMBIとか、エージェント挟まない求人掲載型のやつ使って、企業スカウト受けるのも良いかも!気が向いたらやってみて〜

出典:X

とりあえずビズリーチとAMBI登録した。リクルーターからたくさん連絡いただけてる。みんな内容とっても凝ってる。すごい。 でもさすがに全部見れない… 2つ合計して100越えそうだもの…

出典:X

転職活動について。以下サイトは比較的スカウトから頻繁に連絡が来ている印象。とりあえず登録だけしておいて、市場価値の確認とともに、興味のあるポジションがあれば気軽に話を聞いてみたら良い。 リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ AMBI

出典:X

AMBIという転職サイトが面白いのでオススメ

出典:X

AMBIのおかげで今月からの職場に出会えました。 (前回はen転職。AMBIもen転職の1ブランド)

出典:X

人生で1番葛藤した転職のオファーはPEACH JOHNでした。 AMBIで来たんだったかな。

出典:X

ビズリーチとAMBIを登録した。 どちらもハイクラス転職サイト… 自分で自分のことをハイクラスと思ってるわけではなくて、身の程知らずで小っ恥ずかしいのだけど、頑張ってみる😂

出典:X

エンジャパン転職サイト「AMBI」によると、大手⇨ベンチャーへの転職率はここ3年間で8.6%⇨21.4%と3倍になっている。肥大化した組織においては、経営直下に登り詰めるまでにかなりの年数と実力を要する。20代自分が実際の経営視点を持って働きたいならば、ベンチャーは本当におすすめ

出典:X

IT専門転職アプリ「Green」 選考前にカジュアル面談もあるので、そもそも世の中にどんな仕事があるか知る事ができます。 ちなみに年収400万クラスの管理職の方には「AMBI」がオススメ どちらもスカウト型で、マッチングアプリみたいな感覚で使えるので気軽に転職活動できます。

出典:X

職務経歴書の更新完了。AMBIとOpen workも更新したので、引き続き、転職関連にはアンテナを張ってくぞ📡

出典:X

転職回数多い人で〇ズリーチ、AMBI、R社ダイレクトスカウト辺りのスカウト系求人サイトを利用される人に私から推奨したい事。 職歴概要等ヘッドハンターや人事の目に留まる所に「転職回数多い人お断りという会社お断り」的なニュアンスで注意書きしておけば無駄なやり取りが減ると思う。知らんけど。

出典:X

企業の年収や口コミを見たい→OpenWorkで、AMBIに登録すると期間限定で見られるので登録→AMBIで某人材紹介会社からスカウトを受ける→転職活動を支援していただいた→内定→採用決定通知書届く←イマココ がんばった、じぶん!!!そして転職をサポートしてくださったエージェントさんに本当に感謝…

出典:X

転職活動をするなら、複数のチャネルを活用するのをオススメ。 定番どころだと、
・転職サービス(ビズリーチ、AMBI、Greenなど)
・転職エージェント(リクルート、doda、マイナビなど)
複数のチャネルとそのチャネルの複数サービスを活用しよう。 サービスごとに出会える会社が変わってくる。

出典:X

ビズリーチ、AMBI、Greenなどの転職サービスごとにプロフィールを変えることをオススメ。 実は企業側から見る転職者プロフィールはサービスごとに違う。 基本となるベースを準備しつつ、スカウトなどが届きにくいと思ったら、文章を短くしたり表現を変えたりしてみよう。

出典:X

そらなむさんと多少状況が似ている気がしてコメントさせてもらいます…!理系院卒女性、メーカー技術系、結局転職先はコンサルなので参考にならないかもですが、全体的に求人の質が良いと感じたのはビズリーチとAMBIでした。ビズは技術畑出身のエージェントが居て良かったです。AMBIはIT系多めでした。

出典:X

全然関係ないですけど、AMBIの最近のUIやUXは個人的には好き。転職サポートしてる方におすすめすると、割と評判いいです。(勿論、OpenWorkもw)

出典:X

転職媒体はそれぞれ特徴があります。 indeedは外国人の方の応募が多い。 AMBIは若手人材の転職向け媒体。 最近CMやってるリクルートダイレクトスカウトはハイクラス向け。 リクナビは若手向け。 他にも沢山ありますが、ご自身に合った転職媒体を使っていきましょう。

出典:X

データサイエンス領域に強い転職エージェントの方にようやく巡り会えた!! この業界の話やらデータ分析の話やらで盛り上がって楽しかった😆 ちなみにAMBIで出会った😌✨

出典:X

昨日転職のアンテナは高くした方がというツイートしましたが、そのためにいくつか媒体には登録しておきましょう。 例えばビズリーチ、wantedly、AMBI等様々あり媒体によって特性も変わります。企業からのスカウトもあるので一旦受け身でもOK!(エージェントからのスカウトもあるのでご認識を。)

出典:X

新卒入社から2年半で転職した私ですが、 転職で使ったサービスは↓です ・AMBI(←転職先が決まったサイト、他内定一社) ・パソナキャリア(内定2社) ・ビズリーチ ・エン転職(内容がビミョーで途中退会した) ・doda(内容がビミョーで途中退会した) ・リクナビネクスト(即退会) ・マイナビ転職(即退会)

出典:X

【転職メモ】今使ってる転職サイトはビズリーチ、AMBI、リクルートエージェントの3つ。リクルートは1人の担当が内定までサポート。前述の2つは様々なエージェントが職務経歴を見てスカウトするスタイル。企業から依頼を受けて人材を探すので、紹介案件が通らなかったらご縁が切れることも多い。

出典:X

転職する気がなくても、いくつかの転職サイトに登録しておくと良い。 AMBIは書類審査通過の可能性まではボタン一つでわかるし ミイダスは自分の市場価値を測るように設計されている 鵜呑みにしなくても、自分の市場価値のなんとなくの指標がわかるって大切だと思う

出典:X

転職活動ではビズリーチやAMBIなどのスカウトサイトへの登録も結構役立ちました。 職務経歴や所有資格を登録すれば色々なエージェントや企業の採用担当者から求人が来るので、自分の市場価値を図る意味で参考になりました。 相場は分かりませんが、私は数えると直近1年で200件ありました。

出典:X

転職、ビズリーチとAMBIとリファラルだけに絞ってたんだけど、AMBIが面白い&条件良い案件多くてよかった

出典:X

転職ツールは前回の転職時に使っていたリクナビNEXTとAMBI(アンビ)って転職サイトを使っている。最近は面白い事業内容が多いAMBIの使用比率が大きい。今回もそれ。

出典:X

【転職活動のモデルプラン】 就活SNSに登録する。 ・AMBI ・LinkedIn ・Wantedly 途端に引越し業者かのように転職エージェントから連絡が鬼のように来る。

出典:X

転職市場はまだまだ活況ですね。外資内資問わずIT、広告(特にデジタル)、ベンチャーも求人が多いところ。一部わずかですがPR、メーカーのマーケいったなかなか出てこない求人もあります。転職を検討している方はLinkedin、ビズリーチ、AMBIなどのチェックをおすすめします。

出典:X

AMBI(アンビ)の悪い評判と口コミまとめ

悪い評判と口コミのポイント
  • AMBI経由の転職エージェントの対応の質が悪い
  • ステータス管理することができなく使いにくい
  • 合格判定良い求人だったけど複数応募したら全て落ちた

実際の悪い評判と口コミ


Ambi経由でスカウトきたヘッドハンターとの面談、約束時間になっても繋がらず、メッセージ送っても既読になるだけで、丸一日経っても返信無いんだけど、非常識すぎないか????? こういう人たちに個人情報知られてんのもやなんだけど、どうしたらいいの????

出典:X

AMBIに転職エージェントからスカウトメールがきたので何となくそれを受け取って一度電話面談したが、それ以降何の音沙汰もない🥲 私に職を充てがう時間があれば他の候補者に割いた方が生産的という判断なんだろうか。。

出典:X

いやほんと、スカウト系の転職サイトはビズリーチだけ使ってればいいと思います。AMBIもリクルートダイレクトスカウトも使いにくすぎる。AMBIはステータス管理がほとんど出来ないし、梨来るとにいたってはまず辞退ボタンがない。

出典:X

エンのやってるAmbiという転職サイトは、企業に対して興味あり!ボタンをを押すと企業からではなく、その企業を担当しているエージェントから「お前じゃ無理!」などの返信が来て応募すらできない素敵な仕組みになってる

出典:X


スクロールできます

AMBIとか毎日見て、転職のこと考えてはいるものの、合格判定高のやつって大抵ブラックそう…とか思ってしまうんだよな💦 今と同じぐらい人間関係最悪で給料下がったら嫌すぎる…

出典:X

今から転職活動に有用なこと呟きます。AMBIで社内担当者から合格可能性◎貰った3社に全部落とされました。

出典:X

色々転職サイトは登録しているけど、私の場合、エージェントのスカウトの量は
リクルートダイレクトスカウト(毎日ひっきりなしに来る)
>openwork(毎日くる)
>>>AMBI(アクセスしたら来る)
>>>>ビズリーチ(課金しないとほとんど来ない)
という感じ。

出典:X

転職コツコツしないとなー アンビは辞めた はいってたけど、エージェントとのリモートが無駄に感じてきた

出典:X

AMBIとかエン転職登録してたらアホみたいに転職スカウト来るんだけど、どう受け止めたらいいのかよくわからん

出典:X

今までは主にAMBI経由で連絡きた転職エージェントを利用してきた。dodaに転職サイト変えたら色んな求人あった。

出典:X

喜ばしいことなんだけど、そもそも調査の母体がAMBIユーザーなので世の中平均からするとそこそこ偏っているというのと、「条件次第ではしたい」を入れたらそうなるでしょという感あり。 スタートアップに転職、若者7割が前向き - 日本経済新聞

出典:X

地方転職されているワーママの方は、どんなサービス使って企業探してるんだろう?ビズリーチ、AMBI、doda、マイナビリクナビあたり登録してるけど、一番見てるdodaでは書類受かったことない…ワーママ向けエージェントも都内求人が多いし…

出典:X

昨日、初めてAMBIという転職サイトに登録したが、興味ありボタンを押しても、ヘッドハンターが合格可能性が低いと判断した場合、応募も出来ない仕様で驚いた。

出典:X

むむむエン・ジャパンのAmbi登録してて、いっぱいメール来るけど使い方が分からない🥲各種転職サイトって、エントリーボタンあるけど、会社面談へのエントリーなのか、エージェントさんとの面談のエントリーなのか、案件のエントリーなのか、転職サイトサイトによって基準が違う、、、むむむ

出典:X

AMBI(アンビ)のサービス紹介

アンビ
出典:公式サイト
おすすめ度
対応エリア全国
保有求人数約112,000件以上

(2024年1月更新)

AMBI(アンビ)の特徴
  • 20代30代の若手ハイキャリアのスカウト転職
  • 若手でも年収1,000万円を超える求人がある
  • 大手からスタートアップまでの幅広いハイクラス求人

AMBI(アンビ)のメリット

若手向けのハイクラス求人が112,000件以上

AMBI(アンビ)は、ハイクラス特化のスカウト転職サービスです。大手からスタートアップの年収500万円以上の案件が多数掲載されているので、ハイクラス転職を考えている方にはおすすめです。

ジブン分析によるキャリアタイプの指向性がわかる

AMBI(アンビ)は、ジブン分析という自己分析ができるサービスがあります。エン・ジャパンが1987年より開発してきた適性検査を、応用したサービスで、15分ほどのテストを受検すると、自身の「キャリアタイプ指向性」など特性を可視化することができます。 中長期的なキャリア設計に向けて活用することができます。「AMBIジブン分析

応募前に合格可能性を判定できる機能

AMBI(アンビ)は、特定求人に対して企業がどれくらい会いたいか、ヘッドハンター(紹介会社)から見てどれくらい書類通過できるかを判断する機能です。求人に「★ 興味あり」を押すと、企業、ヘッドハンター(紹介会社)があなたの履歴書を閲覧し、合格可能性 大、中、小の3段階で返信してくれるので、応募前に可能性をチェックすることができます。

AMBI(アンビ)のデメリット

年収400万円未満の方は利用できない

AMBI(アンビ)は、20代30代の若手ハイキャリア向けのスカウト転職サービスです。年収400万円未満の方は利用できない制限があるため、特に20代の方は若手であるため、年収基準を超えることが難しい可能性もありますので、注意してください。

ハイクラス特化のため求人数は少ない

AMBI(アンビ)は、ハイクラス特化かつ若手向けの求人になるため、大手の転職エージェントと比較すると求人数は少なくなる点は、注意が必要です。

\ 登録無料 /

AMBI(アンビ)の会社概要

会社名エン・ジャパン株式会社
資本金11億9,499万円
設立2000年1月
代表者鈴木 孝二
住所東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー35F
保有求人数112,000以上
公式サイトhttps://en-ambi.com/

AMBI(アンビ)のよくある質問

クエスチョン

AMBI(アンビ)に寄せられるよくある質問を公式サイトから引用しています。

転職をするかしないかで悩んでいます。

不安の要因を深ぼってみましょう。

「この仕事をこのまま続けて良いのだろうか」と、漠然とした不安を抱くことはありますよね。
特に「VUCAの時代」と呼ばれる昨今です。将来に不安を覚え、転職するか迷うお気持ちは大変理解できます。

しかし「なんとなく」仕事をやめ、「なんとなく」名のしれた会社にいくという選択は正直オススメはしません。転職先でも同様の不安を覚え、再び同じ状況になる可能性があるためです。

転職後に後悔しないためには、就職先をしっかり選ぶこと。企業・求人に興味をもつキッカケはどんなに些細なことでも問題ありません。
熱中できる仕事や魅力的な企業に出会うことができたなら、現職を辞める決断が確固たるものになるでしょう。

また現状抱えていらっしゃる不安が、何に起因するのかを深ぼってみるのも良いかもしれません。
会社の経営状況が不安、業界の行く末が不安、スキルがないことが不安…など。

転職によって何を得られればよいか、が分かれば求人の良し悪しも判断しやすいのではないでしょうか。

現職を続けられる判断も、転職をする選択も、どちらも考え抜いた結果であるならばよりよい将来になるはず。
納得いく選択ができることをお祈りしています!

はじめての転職、進め方がわかりません。

一般的な転職の流れをご紹介します。

基本的な転職の流れは以下のようになります。

1. 転職の目的・キャリア希望を明確化
2. 職務経歴書の記載
3. 求人情報・業界情報の収集
4. 応募
5. 面接
6. 内定
7. 退職準備・退職
8. 入社

また一般的に、転職は3ヶ月ほどかかると言われています。
明確に「○月までに転職を終えたい」という希望がある方は、転職終了予定日から逆算してスタートしてみると良いかもしれません。

ここまでがよく転職活動を行う上で言われる一般論です。

上記のように順を追って進めるのも良いですが、AMBIは「最初からキャリア希望が明確でなくても良い」と考えています。

もし転職を急いでおらず「いいところがあれば転職したい」と考えているのであれば、

・時間がある時にAMBIを開いてみる。
・記事や求人を通じて、今まで知らなかった仕事・会社をしる。
・なんとなく興味をもったら『★興味あり』を押してみる。
・話を聞いてみる中で、「面白い!」と感じたら選考に進んでみる。
・『★興味あり』を重ねる中で、自身の興味の対象・キャリア希望を知っていく。

このように進めて良いと思っています。

転職活動の進め方や、キャリアに正解はありません。
形通りに進めなければ!と肩に力をいれすぎることなく、ご自身の満足いく結果に転職活動を終えられますように。

自己分析って何からすれば良い?

ジブン分析の受験からはじめてみましょう。

転職を行う上で自己分析が重要だと言われるのは、いくつかの理由があります。

・自分の強みを見つけてPRできる:
採用においては、「企業にとって、自分がいかに活躍できそうな人材であるか」をアピールすることが大切。そのためにも、自分の強みを知れる自己分析は重要なのです。

・新しい視点から求人を探すキッカケになり得る: 
自己分析を通じて、新しい自分に気づくことがあります。「実はこんな業界にも興味があったのか」と、今まで視野にいれていなかった分野の求人と出会えることも。

ご存知の通り自己分析の方法はいくつかあり、正解はありません。
今までのキャリアを棚卸しする方法や、マインドマップに書き出して整理するなどです。

オススメはまず、ジブン分析を受験してみること。
ジブン分析とは、エン・ジャパンが開発してきた適性検査です。15分の診断で、自身の特性を可視化することができます。

▼AMBI ジブン分析
https://en-ambi.com/jibunseki/

「キャリアタイプ指向性」など、ジブン分析の結果を参照しながら、今までの職務経験やスキルを振り返り肉付けしていくと納得度の高い自己分析ができます。

また、スカウトを公開してみるのもオススメ。
送られてくるスカウト内容にざっと目を通し、自身の何が評価されているのか?どのような業界・職種の求人を多く紹介されているのか?ということを基に、自身を客観視してみましょう。

それでも思うように自己分析が進まない際は、エージェントやキャリアアドバイザーに一度相談してみるのが良いかもしれません。

AMBIには多くのエージェントが参画をしており、各社の保有求人をサイト上に掲載しています。まずは気になる求人に『★興味あり』を押してみましょう。その後面談を実施する際には、エントリー頂いた求人のほか、あなたの希望に合わせた案件紹介・経験の棚卸しなどのサポートを受けることができます。

AMBI(アンビ)の拠点

AMBI(アンビ)は、全国各地域から求人を探すことができますが、転職エージェントではないので、直接会って相談することができません。そのため拠点は東京本社が中心となります。

東京本社

東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー35F

AMBI(アンビ)以外の転職サービスや役立つ情報を探すなら

AMBI(アンビ)の評判や口コミからサービスの紹介しました。

20代30代の若手ハイキャリアのスカウト転職サービスなので利用検討してみてください。

また当サイトでは、転職エージェントや転職本、退職代行サービスなどの退職・転職に役立つ情報をまとめていますので、お役立てください。

ハイクラス転職におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひご覧ください。

転職したい方におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひご覧ください。

転職活動に有益な転職本をまとめていますので、ぜひご覧ください。

退職にお悩みの方におすすめの退職代行サービスをまとめていますので、ぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次