マイケル・ペイジの評判!最悪?ヘッドハンティングある?口コミ調査

マイケル・ペイジ

「マイケル・ペイジってどんなサービス?」
「評判・口コミはいいのかな?」
「保有求人数はどのくらい?」
「最悪?ヘッドハンティングある?」

このようなお悩みがあるかと思います。

この記事では、転職サービスである「マイケル・ペイジ」についての評判や口コミ、サービスの紹介をまとめています。

メリット・デメリットについても記事後半で徹底解説していますので、サービスの利用をするかの材料にお役立てください。

それでは早速、「マイケル・ペイジ」の評判と口コミについてみていきましょう。

マイケル・ペイジ
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 外資系企業の転職に特化したエージェント
  • 日本で20年以上の転職支援実績
  • 専門業界・職種別にコンサルタントが在籍
  • 対応する雇用形態が広い
デメリット
  • 経験やスキルが十分でないと求人紹介されにくい

\ 登録無料 /

目次

マイケル・ペイジの良い評判と口コミまとめ

良い評判と口コミのポイント
  • コンサルタントが親身になって相談にのってくれる
  • 登録できればハイクラスな求人が豊富
  • 英語ができるなら海外ビジネスの求人探しに使える

実際の良い評判と口コミ


ビズリーチは鉄板。 マイケルペイジも良き。 転職サイト、転職エージェントはポジションの紹介以上のことは期待すべきでないと思います。その観点から行くと↑二つはいろいろ紹介してくれるので良いです。

出典:X

D○DAとリクルート(もはや伏せない)はダメ。リクルートやる気があるのは面談した2週間後まで。ただ20代後半の最初の転職なら有りだと思う。 私はJACリクルートメントを圧倒的にオススメするし、英語ができるならロバート・ウォルターズとマイケル・ペイジも良いよ。転職活動3年戦士より。

出典:X

何度か転職をしましたが、転職エージェントでこんなにも親身にキャリア形成を一緒に考えてくださったり、面接の対策と情報共有をきめ細やかにご対応下さったは初めてです! 担当してくださるエージェントの方によって、こんなにも転職活動がスムーズに進められるのかと思いました。 人生の大事な決断の際に、心強いエージェントのパートナーがいてくださって良かったです。 入社後も困ったら相談に乗って頂きたいと思いました。

出典:Google

マイケルペイジさんの担当の方から多大なご支援を頂きました。案件紹介から内定受諾まで、タイムリーな情報提供ならびに十分且つ適切な支援を頂きまして、応募者として安心して、書類選考ならびに複数回の面談を経て内定を頂きました。誠に有難う御座いました。

出典:Google


スクロールできます

ランスタッドやマイケルペイジ辺りの外資系専門エージェントに登録すると結構案件教えてくれますよね。

出典:X

LinkedIn登録してみては?日本での今までの職歴もスタバも全部プラスになると思います。あ、みほさんが書いてくれましたね。LinkedInに経歴書くのは、キャリア棚卸し第一歩。マイケルペイジとかロバートウォルターズとか、外資エージェントにコンタクト取るのも良いです。私も未だに案件もらいます笑

出典:X

外資市場は日系市場は別で動いてます。ロバート・ウォルターズ、エンワールド、ヘイズ、マイケル・ペイジ、日系だとJAC、サイトだとDaijob、CarierCross、Linkedinに英語で記載すればおk

出典:X

誰の役に立つのか、不明だけど、外資B2Bマーケで転職する場合に見ておいて損はないエージェント一覧。但し、それぞれでジョブレベル、外資分野、件数に癖はあるので、全部登録したり、各エージェントの求人リストを定期で見るのも良し JAC Randstad Michale Page Robert Walter Rebert Half

出典:X

【最新】ハイクラスTwitter民達が本気でオススメする転職Agent
スペンサースチュワート エゴンゼンダー コーンフェリー ラッセルレイノルズ ----レベチ案件保有の壁---- マイケルペイジ:外資系◎ ロバートハーフ:外資系◎ アンテロープ:金融系◎ JAC: ハイクラス◎ East West: 金融コンサルや外資系◎

出典:X

【外資系企業に強いおすすめ転職サイトの例】
SNS ・リンクトイン
人材エージェント ・マイケル・ペイジ ・ボイド&ムーア エグゼクティーブ サーチ ・モーガンマッキンリー
転職サイト ・CareerCross ・JACリクルートメント ・エンワールド・ジャパン
僕が転職成功したのもこの中に複数あります✨

出典:X

若い人だったらマイケルペイジ、ロバートウォルターズ、モーガンマッキンリーとか? 中堅から上はスペンサースチュアート、ラッセルレイノルズ、その他から勝手に連絡来る。

出典:X

外資系のリクルートエージェントがいいかもです(マイケルペイジ、ロバートウォルターズ等…)!

出典:X

【更新版】ハイクラスTwitter民達が本気でオススメする転職エージェント
スペンサースチュワート エゴンゼンダー コーンフェリー ラッセルレイノルズ
---レベチ案件保有の壁---
リクルートエージェント:採用側視点◎
マイケルペイジ:海外ビジネス◎
ロバートハーフ:外資系◎
アンテロープ:金融系◎

出典:X

大手だとリクルート、dudaでしょうか。私は管理職系としてJACリクルートメント、外資系としてマイケル・ペイジ、エンワールド、管理部門系としてMSジャパンと、使い分けていました。狙っている職種や役職に合わせて、そこに強いエージェントを選ぶのが良いと思います!

出典:X

2回転職しました 両方とも在職中から活動をしていました 平日休みの仕事だったので日程調整は楽でした 転職エージェントはリクルートエージェントが良いと思いますが、最近は求人の質が落ちているように思います JACやマイケルペイジなど良いです またLinkedinで接触してくるエージェントも良いです

出典:X

どうせ転職するなら給料も労働条件も良くないとね~!!!!!!評価や雇用の継続にシビアなところもあるけど基本外資の方が給与水準高いと思う…外資の大手エージェントだとマイケルペイジのほかにロバートウォルターズとかかな🤔ただLinkedIn登録しておくとその辺のエージェントからも声かかるよ!

出典:X

●転職活動での気付き 僕は転職回数が多いので、大手転職エージェントは書類すら通りませんでした 英語面接がある企業に絞ってアタックした結果、自分の特技を活かせる英語面接まで何社も持ちこめました。 以下僕が今回活用したおすすめのエージェントです。 ・マイケルペイジ ・キャリアクロス

出典:X

転職エージェントはビズリーチから始めて →JACリクルートメント →ロバートウォルターズ →マイケルペイジ →LinkedInで直接職種探しor人事担当に連絡 という変遷。 ビズリーチ以外は今も全て平行で進めてる。 LinkedInは選択肢が広いけど不明なことも多く転職上級者向けのイメージ。

出典:X

JACやロバート・ウォルターズ、マイケル・ペイジなどに登録できたらかなりいい求人があるが、ハイクラスなのでそもそも登録を断れることがある。私の場合はlinkedinから声をかけてきてくれた転職エージェントのエン・ワールドで決まりました。エン転職じゃねーぞ。ワンランク上。

出典:X

マーケティングチームのコンサルタントの女性が本当に親身に相談に乗ってくれて、他社よりもずっと良かったです!友人にも絶対勧めます!

出典:Google

今までで一番知識のある方に対応いただけた 当たり外れはあるんだろうな、と思うけど、 まあどこもそんなもんでしょ ヘ○ズとかJA○よりよほどよかったよ

出典:Google

求人、求職のマッチングが迅速かつ的確で、その後のサポートも丁寧なプロ集団です。 とても信頼がおけるエージェント様です。

出典:Google

マイケル・ペイジの悪い評判と口コミまとめ

悪い評判と口コミのポイント
  • 求職者側の都合を考えずに連絡がくるため対応に困る
  • 突然レスがなくなってしまい不信感がある
  • コンサルタントがしつこく転職させようとしてくる

実際の悪い評判と口コミ


良し悪しはエージェントの当たりにもよりますからねぇ。 評判の悪いエージェント会社でもいいエージェントにあたる、その逆もあるのですが、マイケル・ペイジは絶対にお勧めしません。

出典:X

補足:本件について返信をいただいてますが、連絡しても音沙汰なしで都合が悪いことは無視する企業。関わるだけ無駄です。
【星すらつけたくないエージェント】
都合のいい時には土日時間問わず当然電話をガンガンかけてくるくせに、 こちらが問い合わせても音信不通になることが多々あった。 電話応対をまともにできる社員も少なかったのでビジネスマナーも教えられていないのでは?と思う。 電話は10コールくらい鳴らさないと出ない、社内の人間に敬称をつける、こちら側に敬語を使えないなど。
特に酷かった対応は以下
・担当コンサルタントの推測にあるにもかかわらず、応募先企業から直接聞いた事実かのように話す。 ・マイケルペイジ内の他コンサルタントから紹介された他企業の選考が進んでいた際に、その選考よりも優先しろという圧を感じ、面接の日程を被せようとしてきた。 など、 終始対応に不信感があり、真剣に転職活動をしている応募者のことは考えず、自分達の目先の売上しか見えていない残念な企業。

出典:Google

こちらの会社から連絡頂いて、紹介された求人のため履歴書を提出したら、1か月音沙汰無し。何度も問い合わせたら担当者が退職されたそうです。 個人情報を全て渡してそのような対応は前代未聞です。 他の方からも、紹介したい企業があると何度も勤務中に着信があり、1度も留守電にメッセージ無し。 勤務中は電話対応難しいので、せめて留守電を残すかメールで連絡下さいと伝えても、平日の日中に着信だけ。 皆さん本当にお気をつけ下さい。

出典:Google

・条件と違う求人を紹介される
・全然仕事を紹介しない
・他の転職先が決まってから、むこうのノルマが足りないときだけ連絡がしつこく来る
・夜遅くに平気でメールや電話が来る
オススメはしません😫

出典:Google


スクロールできます

私が筋トレしている時に人材紹介会社 #マイケルペイジ の担当者がアポなしで電話して来て一方的に #アウディ のPRポジションの案件を紹介してくるから参った😣 「私が外にいる」「自動車業界に興味ない」って分かった上での対応だから仕事できない方なんだろうなと…🤫

出典:X

ヘイズとロバートウォルターズ、マイケルペイジも無理ゲー案件ばっか爆撃してくる…… これ万が一応募したら、向こうから声かけてきたくせに書類でポイーなんだぜ?もー…… 声かけるならせめて書類免除くらいにして欲しいわ(そーゆーとこもあった

出典:X

マイケル・ペイジとか見てると、総務かどうか分からないけどそんな貰えるの、とか思うマーケット関係なさそうな仕事がある印象はある。実態は知らないけど

出典:X

あのさぁ、マイケルペイジの人あと一ヶ月早くオファーくれてればさぁ…

出典:X

外資系企業転職サイトのマイケルペイジ。いま「法務」で検索してトップに表示されるのがこの求人。上限1億7000万…。法務の年収が急騰してるってこういうこと?!?!

出典:X

マイケルペイジから送られた、2023年版人材トレンドレポート。 ・2021年に大退職時代が終わったと宣言されていたが、引き続き人材流出は続く ・従業員は満足しているのに、転職を考えていない人の 割合は、わずか31%という矛盾 ・定着には、企業の従業員に対する成長へのコミットメントが求められる。

出典:X

マイケルペイジとロバートウォルターズ嫌い 転職したいときにこちらの要望と全く違う仕事紹介してくる それか、音沙汰なく一切紹介してこないし 数年後に平気で電話メール来るんだよね お前のノルマ足りてねえからリーチアウトしてるだけだろ糞が 連絡してほしいときにないのに いらないときに来る

出典:X

転職エージェントのマイケルペイジ、対応がめっちゃ雑で萎えるw

出典:X

・約束を守れないエージェントがいます。 ・本エージェントのビズリーチ上の学歴に虚偽、または誤りがあります。 ・貴社の対応は社会一般に許される行為ではありません。転職者から報酬が払われるわけではないため、粗末な扱いを簡単にできるのかもしれませんが、私の受けた精神的な苦痛と、時間の消費、履歴書等の個人情報の流出について、今後同じ被害がないようにメモしておきます。

出典:Google

最低。面接に行った後、一切の連絡がない。問い合わせても返事がない。他の担当者でも過去に同じことがあった。社風なんだと思う。求職者を雑に扱いすぎる。

出典:Google

向こうからスカウトされたが、面談の態度はなんと言ったらいいでしょうか。ちなみに、その担当者は日本人の方です。その後も結果の連絡は無いです。その方自身はどういう職務経歴を持っているしょうか。ご自身の仕事の意味を考えたことはあるでしょうか。

出典:Google

紹介方法が強引で、こちらが応募すると明言してないのに面接日程組まれた。 おそらく、インセンティブのために無理やり応募したことにしているのだと思う。ビッグモーターとやり口が同じ。最悪。

出典:Google

エージェントから「紹介したい求人がある」と連絡を受けたものの、求人用の詳細を見せてくれるように頼んだら一切音沙汰なし。求人が停止された等の連絡すらないので、なぜ「紹介したい求人がある」と連絡をしてきたのか全く不明。星をつけざるを得ないので止む無くひとつはつけておきます。

出典:Google

面談以降、音沙汰なしです。 求人を紹介してくれるでもなく何の連絡もなく、こちらから連絡しても担当者さんからは一向に返信いただけておりません。 私の経歴では紹介できる求人がないのかもしれませんが、にしても対応がどの人材紹介会社より酷いです。 履歴書などの個人情報も提出を急かすだけ急かし、その後連絡つかないとか怖すぎます。

出典:Google

エージェントとしてはありえない対応。まず、事前に何の断りもなく、勤務中に電話をかけてくるのは本当にやめてほしい。登録者にも色々な事情があるわけで、当然ながら在職中に転職活動をしている人もいるであろう。それにも関わらず、エージェントの都合で見境なく電話をよこしてくるのはいかがなものか。登録者側の心理に寄り沿っているとは到底思えない。(たまたまマナーモードを解除していて、携帯が鳴り続けてたら取らざるをえないでしょう、その時に求職者がオフィスにいたら?とか一ミリも考えないのですか)

出典:Google

→続き
あと、紹介してくる求人票も登録者のスキルや希望に合ったものとは思えない。まるで求人票をただ横に流してる感が漂っている。 ノルマがあるのは百も承知だが、このエージェントの質は他のエージェントと比べても突出していると言っていいくらい、低すぎる。 使うメリットとしては英語の練習になることくらいかな?

出典:Google

元々大した期待してなかったが、取り敢えず良さそうな求人を扱っていたので面談。 その場で幾つか紹介してもらい、後程JDを送ると言われたが、音沙汰無し。 ある意味期待通りのエージェントで笑えた。 一方ロバートウォルターズは積極的に紹介してくれて印象良い。

出典:Google

企業との面接日程調整中に2週間以上音信不通、企業の1次面接結果もまったく連絡なし。ヤバいです。個人情報を渡すと連絡しなくなるって何されてるかわからずこわいです。

出典:Google

スカウトが来たが、とても自分のスキルとは見合わない高報酬でおかしいと思って電話連絡の前に問い合わせたら誤送信だって。 失礼極まりないし、とてもプロの仕事とは言えない杜撰さ。

出典:Google

マイケル・ペイジのサービス紹介

マイケル・ペイジ
出典:公式サイト
おすすめ度
対応エリア全国
保有求人数約5,600件以上

(2024年1月更新)

マイケル・ペイジの特徴
  • 外資系企業の転職に特化したエージェント
  • 外資系特化だが日本企業の求人もある
  • 派遣・契約社員といった領域まで支援

マイケル・ペイジのメリット

日本で20年以上の転職支援実績

マイケル・ペイジは、世界36カ国・140支店でサービスを展開しており、イギリスに本社を置く、外資系に強い転職エージェントです。2001年に東京オフィスを設立して、日本で20年以上の転職支援実績があります。1,400社を超える外資系企業を支援しているため、希望に合う求人を紹介してもらえます。

専門業界・職種別にコンサルタントが在籍

マイケル・ペイジは、専門業界・職種別にコンサルタントがおり、「IT」「医療・ヘルスケア」「経理・財務」「営業」「マーケティング」「法務」「エンジニアリング」といった7つに分けられています。日系グローバル企業、ベンチャー企業といった幅広い業界をカバーしています。

対応する雇用形態が広い

マイケル・ペイジは、対応する雇用形態が広く「正社員」「契約社員」「派遣社員」に対応しています。自分のライフスタイルに合わせて、働き方を変えることができます。「契約・派遣社員」の領域は、長期派遣のみならず、契約から正規雇用への実績も多数あります。

マイケル・ペイジのデメリット

経験やスキルが十分でないと求人紹介されにくい

マイケル・ペイジは、外資系求人が多い転職エージェントです。一定のスキルや経験がない場合は、応募できる求人が少なく、紹介できない可能性もあります。経験やスキルに不安があるという方は、今後のキャリアアップを見据えて、現在不足しているスキルや経験を身につけるための転職を目指しましょう。そのために他の転職エージェントを併用しながらの転職活動をおすすめします。

\ 登録無料 /

マイケル・ペイジの会社概要

会社名マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社
資本金2億8,000万円
設立2001年
代表者Steve Ingham(スティーブ・インガム)
住所東京都港区虎ノ門4-3-13
ヒューリック神谷町ビル6F
保有求人数5,600以上
公式サイトhttps://www.michaelpage.co.jp/

マイケル・ペイジのよくある質問

クエスチョン

マイケル・ペイジに関するよくある質問をまとめています。

転職するか分からないけど、登録しても大丈夫でしょうか?

転職サービスは、転職意欲がなくても登録しても問題ございません。

どのような求人があるのか?自分のキャリアから転職できる企業や年収レンジを把握することができるので、登録だけして情報収集に活用することもできます。

マイケル・ペイジを利用するにあたってお金はかかるのでしょうか?

マイケル・ペイジを利用しても料金は一切かかりません。ご安心して会員登録ください。

ペイジグループとは?

ペイジ・グループでは、業界を牽引するスペシャリストの人材紹介会社になるという明確な戦略的ビジョンを持っています。 世界36カ国に7,500人の従業員を擁しているペイジ・グループは、幅広い職種と業界を専門に扱います。

マイケル・ペイジの拠点

現在の職場やお住まいに近い拠点があれば、直接会って相談することも可能なので、お近くの方は利用検討してみてください。

東京本社の拠点を載せています。

東京本社

東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル6F

マイケル・ペイジ以外の転職サービスや役立つ情報を探すなら

マイケル・ペイジの評判や口コミからサービスの紹介しました。

外資系特化だが日本企業の求人もあり、派遣や契約社員まで対応している転職サービスなので利用検討してみてください。

また当サイトでは、転職エージェントや転職本、退職代行サービスなどの退職・転職に役立つ情報をまとめていますので、お役立てください。

転職したい方におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひご覧ください。

転職活動に有益な転職本をまとめていますので、ぜひご覧ください。

退職にお悩みの方におすすめの退職代行サービスをまとめていますので、ぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次