ロバート・ウォルターズの評判!英語できないと対応ひどい?口コミ調査

ロバート・ウォルターズ

「ロバート・ウォルターズってどんなサービス?」
「評判・口コミはいいのかな?」
「保有求人数はどのくらい?」
「英語できないと対応ひどい?」

このようなお悩みがあるかと思います。

この記事では、転職サービスである「ロバート・ウォルターズ」についての評判や口コミ、サービスの紹介をまとめています。

メリット・デメリットについても記事後半で徹底解説していますので、サービスの利用をするかの材料にお役立てください。

それでは早速、「ロバート・ウォルターズ」の評判と口コミについてみていきましょう。

ロバート・ウォルターズ
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • グローバル人材に特化した外資系エージェント
  • 語学力を活かした転職に強い
  • 正社員・派遣・契約社員をサポート
  • 日本で20年以上の転職支援実績
  • 転職サポートの満足度は93%
  • コンサルタントは全員バイリンガル
デメリット
  • 英語を使って働きたい意向のない方には向かない

\ 登録無料 /

目次

ロバート・ウォルターズの良い評判と口コミまとめ

良い評判と口コミのポイント
  • 英語を使う企業への転職を目指したい方にはおすすめ
  • 求人の質が高くて採用担当とのコネクションが強い
  • グローバル企業から少数精鋭まで様々な業界の求人がある

実際の良い評判と口コミ


グローバル転職をしたいなら、ロバート・ウォルターズがおすすめ。英語がバリバリ話せることはもちろん。外資系企業での日本で働く場合は、期待したほど英語が使えない環境だったりする。個人的には、「ロバート・ウォルターズ」「JAC Recruitment」「エンワールド」「ランスタッド」の中から3つかな

出典:X

外人転職エージェントのコネクションを新規開拓したけど、結局マイケルペイジとロバートウォルターズでいいやんってなった… 求人の質もそうだけど、役員とか採用担当者とダイレクトの繋がりあったりするから、フィードバックまでのスピードが全然違うみたい。 いい会社だとスピード大事だもんなぁ…

出典:X

職務経歴書は大手のフォーマットがオススメです。 (日系だとリクルート、外資だとロバートウォルターズなど) 選考担当はまとめて多くの書類を見ています。 できるだけ選考する側が見慣れたフォーマットを使う事をオススメします。

出典:X

日系のITベンチャーから外資系に転職したくてRWに登録しました。登録後1週間くらいで外資系IT企業ニ社と面接することができました。無事一社から内定を貰いました。最悪な日系企業から脱出することが出来て本当に良かったです。英語がしっかり話せる方は登録して損はしないと思います。

出典:Google


スクロールできます

ひまわりに載っている求人は本当にひどい 私の場合ロバート・ウォルターズとエン・ジャパンのエージェントさんが大当たりでした

出典:X

英語を使った求人なら、専門エージェントの『ロバート・ウォルターズ』グローバル企業から少数精鋭まで、様々な業界の求人がありおススメです。世界展開しているエージェントなので企業側からしても安心ですね。

出典:X

外資市場は日系市場は別で動いてます。ロバート・ウォルターズ、エンワールド、ヘイズ、マイケル・ペイジ、日系だとJAC、サイトだとDaijob、CarierCross、Linkedinに英語で記載すればおk

出典:X

Googleを取扱う転職エージェントは実はあまりありません。 しかしロバート・ウォルターズは一部求人を紹介してくれたのでGoogleへ転職してみたい方は登録して見る価値がありそうです。

出典:X

私は戦略的にやりましたね。 Linkedinで100人から10人選んで、面談して4社決めました。 JAC、ロバートウォルターズ、リクルート、あとどっか。+Linkedin応募。 最終的に2社コンペさせて外資30社受けて29社連続落ちして1社最大手に決まりました😆。年収は400万上がりました😳(が、凄く激務に。。)

出典:X

いやーもう本当ポジションによりますね。シンガポールの給与データはロバートウォルターズとかが結構細かく出してるので業界と職種と職位で見てみると良いと思います。

出典:X

海外で働くとき、複数の人材会社へ連絡するケースが多いですが日系だけでなく現地のロバートウォルターズやマイケルページなどの外資系にも登録してみてください。仕事内容や給与レンジが違うことがよくあります!

出典:X

ロバートウォルターズって定期的に求人案内くれるし素晴らしい。全て英語、外資系の案内だけど。

出典:X

外資系転職初めての方向けおすすめエージェント 1.Robert walters 2.JAC recruitment 3.Recruit Agent 4.en world 5.hays などが情報量が多くてお勧め。 一度外資を経験するとlinked inに登録するだけで様々なエージェントや人事から直接コンタクトがあり勝手に情報が集まる。

出典:X

無難なのはJAC Recruitment、ロバートウォルターズですかね🤔 行きたい会社が決まっていれば、個人的にはその中の人(リクルーターも可)と繋がるのが良い気がします🐼!

出典:X

会社辞めたいな〜と思ってるタイミングでいつもロバートウォルターズから連絡が来る

出典:X

Big Techの採用担当は、ロバート・ウォルターズ、マイケル・ペイジ等の外資系エージェントからの転職が比較的多い気がする。

出典:X

外資メーカー転職にオススメのエージェントは ○ロバートウォルターズ ○JACリクルートメント ○エンワールド あとビズリーチも便利だから登録しておいた方が良いです。 ✔︎日系中小→外資メーカー転職に成功 ✔︎20代から3回転職活動を実施 ✔︎現在、外資メーカー勤務 の経験から。

出典:X

外資、ロバートウォルターズ、JACインターナショナル、EASTWEST
内資、JAC、エンワールド
どっちも、パーソル(エージェント依存)
ロバートは外人が優秀
JACインターナショナルのエージェント(特に外人)は当たり外れ多い
ビズリーチはやりとりが多くて面倒い。あと雑魚エージェント多い。

出典:X

dodaは30代半ば以降はあまり向いてないと昨年転職活動して感じました。外資中心ならロバートウォルターズなどの外資系エージェント会社や野良の外人エージェントに声かけると手当たり次第求人くれます。ただ連絡が鬱陶しかったり、責任感と経験値がない外人エージェントも沢山いるので微妙なところです

出典:X

こんにちは。 キャリアクロスやロバートウォルターズのサイトなど、外資に特化したサイトには登録されていますか? 上記のような外資特化サイトに英語でプロフィール登録し、かつIT業界での経験がおありなら、引きは鬼のように来ると思います。

出典:X

会社も大事ですが、担当者による部分が大きいかもです!外資系に強いとこいくつか登録して(JAC, ロバートウォルターズなどなど)、相性の良いエージェントさん見つけるのもいいかと思います😊

出典:X

D○DAとリクルート(もはや伏せない)はダメ。リクルートやる気があるのは面談した2週間後まで。ただ20代後半の最初の転職なら有りだと思う。 私はJACリクルートメントを圧倒的にオススメするし、英語ができるならロバート・ウォルターズとマイケル・ペイジも良いよ。転職活動3年戦士より。

出典:X

ロバートウォルターズは外国人エージェントの質の差がめちゃくちゃあるので注意です。いい人にあたると超いいです。JACはエージェントの質の平均値が高い印象です。外資系消費財だとアズール&カンパニーもいいですが、志望業界により相性があるかもしれません。

出典:X

ロバートウォルターズさんから最近の動向を英語の電話で聞かれて、台湾で駐在してますと言うと急に英語から切り替えて、中国語で恭喜とか色々太鼓持ってくれて可愛かった笑

出典:X

ロバートウォルターズすごすぎる…盲点だった…ロバートウォルターズすごすぎる(大事なことなので2回言った)

出典:X

グローバル食品企業に興味あれば、下記サイトの登録がおすすめです。 ・LinkedIn (SNS) ・JAC ・ビズリーチ ・ロバートウォルターズ LinkedIn はオファー沢山来るが質も様々。JACは食品系多くて良い。ビズリーチは質がイマイチ。ロバートウォルターズは給与水準高く、ニッチな職種多いのでベスト。

出典:X

数年前ですが、派遣社員として仕事を探していた際、迅速にたくさんの案件を紹介してくださいました。また、派遣から直接雇用になる際、レジメもきれいに添削して頂き、非常に助かりました。 派遣時代はコンサルタントの方が定期的に面談に来てランチをご馳走頂いたり、気さくなお話もしてくれたり、フレンドリーな印象です。 一点、総務のレスポンスが少し遅かったり、欲しかった情報が足りなかったりして、少々困る事がありましたが、マナーはきちんとされていたかと思います。

出典:Google

外国語を話す人材派遣会社です。スタッフさんは若い方が多く、イギリス人、インドネシア人、など インターナショナルです。年収1000万円前後の仕事を紹介してくれます。面接は英語など外国語で行なわれます。

出典:Google

外資系企業にての仕事に取り組もうとしている方の全員に、強くお薦め致します。

出典:Google

ロバート・ウォルターズの悪い評判と口コミまとめ

悪い評判と口コミのポイント
  • アポイントの営業電話が頻繁にくるため困る
  • サイレントお祈りが多くてフィードバックが薄い
  • 外人コンサルタントだとサポートが手薄い可能性がある

実際の悪い評判と口コミ


ロバートウォルターズが営業電話がひどい 直近電話3回 毎回違う担当者で内容は違う 社内で情報のシェアが無いのか興味のない仕事のみ 今回はひどくて 会社名と雇用形態だけ伝えられて 「興味はありますか?」と もしかして、開発内容とかサービスとか条件とかないと興味が湧かないのは僕だけ???

出典:X

外資系エージェントは面白い求人がごく稀に得られるけど、ゴリ押しがすごい。特にロバートウォルターズは勤務時間中にも求人紹介の電話をバンバンかけてくる・・・

出典:X

多くの外資系求人が集まるので、英語力さえあれば魅力的なポジションを紹介してもらえる。一方でサイレントお祈りがあまりに多過ぎる印象。営業に何度聞いても結果がわからないまま終了。または次の面接へ進んだという連絡を受けた後に日程が決まらずそのまま流れたことも。営業の仕事上の確認、連絡、報告が雑な人が多く、各個人の営業成績が大事だからか、チーム内で情報共有されてないのを感じていた。ただ丁寧さに欠ける反面、とにかく応募の数をこなせるのはメリット。 最終的には内定を頂けたが、モヤモヤする場面は多いので戸惑う人は少なくないと思う。

出典:Google

リクルーターの中には自身の営業成績しか考えない馬鹿もいる。 つい先日、日本国外出身のリクルーターに他に結果を待ってる会社があるなら紹介した求人に応募するのは時間の無駄だから辞めとこうか?と言われた。 彼によるとその方がお互いの為だと言うが、その様な態度のリクルーターは信用出来ないしサポートをしっかりしてくれるとは思えない。 クライアントワークなのに効率重視で自分のやり方を押し付けてクライアントの都合や気持ちを無視するやり方と考え方はいかがなものか。 勿論、その突然かかってきた電話はその瞬間ぶつ切りした。

出典:Google


スクロールできます

ヘイズとロバートウォルターズ、マイケルペイジも無理ゲー案件ばっか爆撃してくる…… これ万が一応募したら、向こうから声かけてきたくせに書類でポイーなんだぜ?もー…… 声かけるならせめて書類免除くらいにして欲しいわ(そーゆーとこもあった

出典:X

ロバートウォルターズがずっと求人案内してくるけどどうしてそんな無駄なことするんだろう.. For what.. もう何処にも通らないよ。おいら📊人。。 まぁ会話したことあるから当てずっぽうに送ってるのかな💧もう3年以上前からずっと離職してるのに

出典:X

ロバートウォルターズからスカウトメール来たんだけど、英語できない。どうやって電話するの…?

出典:X

ビズリーチ通してロバートウォルターズ登録したんだけど一件も求人なかった。 建設不動産セクターは地場産業だから、やっぱりあんまりないんだな。

出典:X

わたしも元外資系SNSなので、Linked inを始めロバートウォルターズやWahl&Caseなどから多く声が掛かりますが、その中で「フリーランスでGAFAMのプロジェクトを一緒に進行してほしい」などのリクエストがあります。 これらも、かなり怪しいので絶対に手を出さない方が良いと思われます。(続

出典:X

Robert walters(ロバートウォルターズ)から紹介を受ける候補者は総じて転職回数が多い。 これは、Robert waltersがそういう人を囲っているというよりも、このエージェントに登録する人で外資系で働く人が多いから外資は早期離職が多いためこういう結果になるんだと思っている。

出典:X

ロバートウォルターズは求人はそれなりに揃ってますが、四六時中電話してくるし、責任感のないエージェントも多いのでオススメしません。

出典:X

私もロバートウォルターズは酷い担当がほとんどでした。四六時中平日の昼間でも求人紹介の電話かけてくるのでウザかったです。行きたい先がある程度決まってたら、直接応募やリファラル(紹介)などダイレクトな応募はオススメです。

出典:X

そうなんですね!ロバートウォルターズは前回の担当が酷かったので、個人的にはブラックリスト入りしています笑。ニッチな領域の外資系は直接応募の方が可能性高そうですね!それは知りませんでした、ありがとうございます!コンサルに年収の30%とか支払ってますもんね。それ削れるのは大きい…

出典:X

ロバートウォルターズってとこから会社に英語電話きたんよー どこであたしの情報を掴んだろ‥ 他の人が電話とってくれたんだけど、最初から英語だったらしく軽くパニックになってたw

出典:X

ロバート・ウォルターズに登録して、面談したあと一切連絡が来なかった自分は完全にキャリア負け組

出典:X

去年、求人系ソーシャルメディアを通してリクルーターの方から連絡があり、それ以降色々な方から求人の連絡が来ました。自分の経歴にそぐわないものも多々ありましたが、数社とは面接まで行きました。が、残念ながらお断りされ、そのような経験があって以降、蜘蛛の子を散らすように全くこの会社のリクルーターから連絡がなくなりました。 幸い他のエージェンシーを通して無事お仕事が決まりましたが、Robert Walters Japan は最初だけ勢いがいいのだと思います。

出典:Google

→続き
もし数回お断りされたら、リクルーターからも連絡が来ないと思っておいた方がいいです。 多分、見込みがないと思われてそのまま忘れ去られます。(笑)そして、お断りされた理由の中に、経歴が合わないという理由も多々ありました。やはり、経歴と求人内容をマッチさせて紹介してくれるエージェンシーを利用することをお勧めします。 個人的にはあまりここはお勧めできません。

出典:Google

書類選考の通過率はそこそこ良かったが、選考結果について当人に連絡をしないのはエージェントとして失礼極まりない

出典:Google

ロバート・ウォルターズのサービス紹介

ロバート・ウォルターズ
出典:
おすすめ度
対応エリア全国
保有求人数約1,700件以上

(2024年1月更新)

ロバート・ウォルターズの特徴
  • グローバル人材に特化した外資系エージェント
  • 語学力を活かした転職に強い
  • 正社員・派遣・契約社員をサポート

ロバート・ウォルターズのメリット

日本で20年以上の転職支援実績

ロバート・ウォルターズは、1985年に英国ロンドンで設立されたスペシャリストに特化した人材紹介会社です。世界31カ国の主要都市にオフィスを構えています。日本では、2000年に東京オフィス、2007年に大阪オフィスを設立しており、外資系・日系グローバル企業における、グローバル人材の転職/採用支援において信頼と実績があります。

転職サポートの満足度は93%

ロバート・ウォルターズは、正社員・派遣・契約社員の転職を経験豊富な業界専門コンサルタントがチーム体制でサポートしているため、実際利用した方の転職サポート満足度が非常に高く、安心してサポートを依頼することができます。

コンサルタントは全員バイリンガル

ロバート・ウォルターズは、コンサルタントが全員バイリンガルであるため、英語の書類添削や面接対策を担当コンサルタントが行います。英語を活かして、外資系企業や日経グローバル企業への転職を考えている方にはおすすめです。

ロバート・ウォルターズのデメリット

英語を使って働きたい意向のない方には向かない

ロバート・ウォルターズが取り扱う求人は「英語を使った外資系企業・日系グローバル企業」がメインになります。また転職活動をサポートするコンサルタントは基本的に外国人です。そのため通常のコミュニケーションから英語になります。特に英語を活かした求人を紹介しているため、英語力が十分ではないと判断された場合、求人の紹介が難しくなる可能性もあるため、注意が必要です。

\ 登録無料 /

ロバート・ウォルターズの会社概要

会社名ロバート・ウォルターズ・ジャパン
資本金1,400万円
設立2000年1月
代表者ジェレミー・サンプソン
住所東京都渋谷区渋谷3-12-18
渋谷南東急ビル14階
保有求人数1,700以上
公式サイト

ロバート・ウォルターズのよくある質問

クエスチョン

ロバート・ウォルターズに寄せられるよくある質問をから引用しています。

マイアカウントに会員登録したのに何も届きません。

当社では、ご登録完了時に、ご確認のため「ご登録完了のお知らせ」「アカウントを有効化させましょう」というタイトルの自動返信メールをお送りしております。
当社からのメールが届かない場合、以下の原因が考えられますので、確認をお願い致します。

  1. メールソフトの設定により、当社からのメールがスパムメール(迷惑メール)と判断され、受信拒否や削除されてしまう場合があります。
    ご登録いただきましたメールアドレスの迷惑メールフォルダをご確認ください。
    もし当社からのメールが無いか捨ててしまった場合は、こちらよりお手続き下さい。
  2. メールアドレスを誤って入力した場合、当社からのメールは届きませんので、再度正しいメールアドレスにてご登録ください。
マイアカウントにログインできません。

当社では、ご登録完了時に、ご確認のため自動返信メールをお送りしております。

  1. 「アカウントを有効化させましょう」というメールタイトルのメールが届いているかご確認ください。
    メール内の有効化ボタンをクリックし完了画面までいきますとログイン可能となります。
  2. パスワードを忘れてしまった場合はログイン画面の「パスワードをなくしてしまった」のリンクよりパスワード再設定のお手続きをしてください。
  3. メールアドレスを誤って入力した場合、当社からのメールは届きませんので、再度正しいメールアドレスにてご登録ください。
日本で作ったアカウントはRobert Waltersの海外オフィスのサイトでも使えますか。

はい、使用することが出来ます。

ご使用のメールアドレスとパスワードにてログインしてください。

履歴書が添付できません

うまく履歴書が添付できない際には、お手数ですがcv@robertwalters.co.jp へ以下情報と共に職務経歴書または英文履歴書をご送付お願いします。

  • 氏名:
  • 現在の職種: 
  • 勤務している業界:
  • 希望雇用形態:(正社員、契約/派遣)
  • 希望勤務地:

ロバート・ウォルターズの拠点

現在の職場やお住まいに近い拠点があれば、直接会って相談することも可能なので、お近くの方は利用検討してみてください。

東京本社以外にも大阪に支社があります。以下に拠点を載せています。

東京本社

東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル14階

大阪オフィス

大阪府大阪市北区豊崎3-19-3 ピアスタワー15階

ロバート・ウォルターズ以外の転職サービスや役立つ情報を探すなら

ロバート・ウォルターズの評判や口コミからサービスの紹介しました。

英語を活かして転職したい方向けで、外資系企業や日経グローバル企業に特化した転職サービスなので利用検討してみてください。

また当サイトでは、転職エージェントや転職本、退職代行サービスなどの退職・転職に役立つ情報をまとめていますので、お役立てください。

転職したい方におすすめの転職エージェントをまとめていますので、ぜひご覧ください。

転職活動に有益な転職本をまとめていますので、ぜひご覧ください。

退職にお悩みの方におすすめの退職代行サービスをまとめていますので、ぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次